香川県で会社を設立するときに相談するべき専門家とは?

会社を設立するには、さまざまな書類の作成や申請など、専門的な知識を必要とする場面がいくつか出てくることかと思います。もちろん自分ひとりで会社を設立することも可能ですが、経営や売上拡大、資金繰りなど経営者としてやらなくてはいけないことに時間を使いたい!面倒なことは誰かにお願いしたい!という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は会社設立を誰かに依頼しようかな、と考えたときにどのような専門家に依頼すればいいのかということについて解説したいと思います。

税理士

税理士は、税務を専門とした士業ですが、その相談は会社の会計や税務にとどまらず、年末調整を含む給与計算や社会保険、資金繰りから事業承継と会社のあらゆる相談に乗るというケースが多くあります。そのため顧問先の個人事業主が会社を設立するような法人成りも身近な相談業務として取り扱っています。そして会社設立時からそのまま税務顧問として、継続して会社と関わっていくことで、長く会社とパートナーシップを築くことができるというメリットがあります。ベンチャー企業が成長していくには金融機関のサポートが必須です。金融機関からのサポートを受けるためには会社の会計や税務を把握し、金融機関との連携を取ることのできる税理士が不可欠なのです。

司法書士

会社設立に必要な登記という業務を代理して行うことができるのは司法書士のみです。そのため、税理士や行政書士が会社設立の相談窓口になったケースでも登記業務のみ司法書士が行っているということもよくあります。登記の専門家ですので、定款作成や認証、設立登記を専門家として数多く取り扱っており、手続きもスムーズに行えることがメリットと言えるでしょう。ただし会社設立に関わる税務処理や会計処理などお金の相談などは不向きというデメリットがあります。会社設立のみを依頼したいという場合に向いているかと思います。

行政書士

行政書士が専門として行うことのできる業務は、許認可手続きです。例えば、建設業における建設業許可や人材派遣業における一般労働者派遣事業者許可・特定労働者派遣事業届出等などの事業によってはあらかじめ許認可が必要な業種で会社を設立したい場合、外国人の雇用に関する在留手続きが必要な場合などは行政書士に依頼することをおすすめします。

どの専門家に相談すればいい?

専門分野 報酬額の例
税理士 会計・税務・決算申告等 5万円前後
司法書士 登記業務 10~15万円程度
行政書士 許認可・行政書類作成 10万円前後

会社の日常的な相談の窓口になることの多い税理士に相談するのがもちろんおすすめですが、会社を設立する状況に合わせて選択をするのがベストです。また会社の設立手続きのみを依頼したい場合は司法書士、許認可手続きが必要な業種あれば行政書士、継続的な税務相談や決算申告まで依頼したいのであれば税理士に依頼する、というような選び方をするのがよいでしょう。

専門家同士のパートナーシップ

上記のように税理士、司法書士、行政書士それぞれに強みがあり、また反対に不慣れな分野もそれぞれにあります。そのため、専門家同士でパートナーシップを取り、ひとつのチームとして会社設立を行っている場合もあります。会社設立をしたいということと状況だけ伝えておけば、税理士と司法書士と行政書士がタッグを組んで、会社設立をサポートしてもらえるので、それぞれの得意分野に該当する専門家を探す手間と時間が節約できたり、状況を何度も説明することような煩わしさも軽減されることが大きなメリットではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?会社設立に関連するそれぞれの専門家の得意分野がお分かりいただけたでしょうか。
ベンチャープラス会計事務所では、司法書士や行政書士とパートナーシップを結び、手数料0円で会社設立をサポートしています。香川県で会社設立を考えている方は是非ご相談くださいね。
当記事が素敵なヒントになれば幸いです。

関連記事

  1. 会社設立日を決める時に気を付けるポイント

  2. 会社設立時に固定電話は必要?

  3. 会社設立にかかる登録免許税っていったい何?

  4. 【完全保存版】株式会社設立の前にやるべき10個のポイント!

  5. 【公募開始】平成30年度予算 地域創造的起業補助金(創業補助…

  6. 会社の種類ってどんなものがあるの?

PAGE TOP