【2017年度版】香川県で起業を考えるときに押さえておきたい助成金 まとめ

香川県で起業を考えている方に是非お伝えしたいのが、助成金や補助金のこと。
助成金や補助金は金融機関等からの融資とは違い、返済する必要のないお金です。
特に助成金は、形式的な要件を満たしていて適切に申請を行えば交付される給付金であり、採択される必要のある補助金よりもハードルの低い手続きです。
しかし申請にはある一定の期間を必要とするものでもありますので、どんな助成金があり申請にはどんな条件があるのか、あらかじめ押さえておくことが大切です。

助成金の管掌は厚生労働省

助成金は国からの金銭的な支援であり、厚生労働省が管掌しています。(補助金は経済産業省管掌)つまり交付する目的は、雇用の安定・促進、能力開発としていることが一般的です。申請の対象とする期間は長いものの、継続雇用していることが条件となっている助成金も多いことから、計画的な申請が必要ともいえるでしょう。

助成金の受給は会社の信用につながる?

実は助成金を受給すると会社の信用につながるという側面があります。なぜ助成金を受給することが信用につながるのか?と疑問を持たれたのではないでしょうか。資金繰りが苦しいと思われたくないと考える方もいるかもしれませんが、そうではありません。
助成金の財源は雇用保険料で賄われていることから、厚生労働省が助成金の交付を行うためにはその会社が労働関係の各法令に違反していない、ということが絶対条件になっています。つまり助成金を受給できるということは、厚生労働省によって労働関係の各法令の違反がなく、労働環境が良好な会社であると認められたということになるのです。

起業時に押さえておきたい助成金の種類は?

では起業時に押さえておきたい助成金を確認していきましょう。

特定就職困難者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

特定就職困難者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)とは従業員を新たに雇い入れる場合に申請できる助成金。
高齢者、障がい者、母子家庭の母などの就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続的に雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して支給されます。
例えば、ハローワークからの紹介で母子家庭の母を正社員として期間の定めなく雇用した場合支給対象期(6ヶ月)ごとに30万円が2回、1年間で合計60万円が支給されます。もちろん、この期間のうちに継続的に雇用されていることが前提条件となります。(2017年10月時点)(厚生労働省HP,特定就職困難者雇用開発助成金PDF

キャリアアップ助成金(正社員化コース)

キャリアアップ助成金とは、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成し、そのうち正社員化コースは有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成することを目的とする助成金です。
例えば、アルバイトとして6ヶ月以上働いている従業員の勤務態度や能力を評価し、正社員登用した場合に、57万円の助成金が受け取れることも。(2017年10月時点)(参考リンク→厚生労働省HP, キャリアアップ助成金PDF

まとめ

いかがでしたか?この他にも様々な助成金がありますが、この2つは起業時に申請しやすい助成金と言えるかと思います。従業員を雇い入れようと考えたとき、まずはハローワークへ求人を出すことは一般的ですが、そのときに合わせて助成金の相談もしておくといいでしょう。ベンチャープラス会計事務所では、助成金に関する相談も随時承っております。
当記事が補助金・助成金について考える際の素敵なヒントになれば幸いです。

関連記事

  1. 【速報】平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金

  2. 補助金・助成金をうまく利用するコツ まとめ

  3. 香川県で起業するときに申請できる創業補助金【2017年版】

  4. 【速報】平成30年度 地域創造的起業補助金(創業補助金)【2…

  5. 平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金【公募開始】

  6. 黒字倒産しない会社を作る!「資金繰り表」作成のコツ①

PAGE TOP